コミック、ラノベ、文芸などの電子書籍が満載! 無料で立ち読みも!!

Yahoo!ブックストアガイド

気になるリスト わたしの本棚

弱虫ペダル特集|51巻までの名シーンをまとめました!

弱虫ペダル特集|51巻までの名シーンをまとめました!
  • 弱虫ペダル 1巻class=
    弱虫ペダル 1巻
    著作:渡辺航
    ママチャリで激坂を登り、秋葉原通い、往復90km!! アニメにゲーム、ガシャポンフィギュアを愛する高校生・小野田坂道、驚異の激コギ!! ワクワクの本格高校自転車ロードレース巨編!!...
    立ち読み
    詳細を見る

すべてはココから始まった!

  • 弱虫ペダル 2巻class=
    弱虫ペダル 2巻
    レーサー・今泉との裏門登坂対決が決着!! ママチャリでの秋葉原通いが生んだ、小野田坂道の激走の秘密とは!? そして、自転車が繋ぐ新たな出会いが坂道の運命を変える!!...
    立ち読み
    詳細を見る
  • 弱虫ペダル 3巻class=
    弱虫ペダル 3巻
    自転車部に入部した坂道を待ち受けていた"一年生対抗ウエルカムレース"。最強初心者・小野田坂道のママチャリで見せる衝撃的ペダリングとは......!?...
    立ち読み
    詳細を見る
  • 弱虫ペダル 4巻class=
    弱虫ペダル 4巻
    ロードレーサーを手にし、今泉・鳴子に追いついた小野田坂道。友情、プライド、三者三様の譲れぬ信念が大激突する山岳ステージ!! 山岳の覇権、そしてレースの勝者は!?...
    立ち読み
    詳細を見る
  • 弱虫ペダル 5巻class=
    弱虫ペダル 5巻
    個人練習で3年生・巻島と組むことになった坂道。"頂上の蜘蛛男(ピーク・スパイダー)"と呼ばれる巻島の圧倒的、かつ超異様なダンシングを見た坂道は......!?...
    立ち読み
    詳細を見る
  • 弱虫ペダル 6巻class=
    弱虫ペダル 6巻
    合宿地・箱根で、真波山岳と運命の再会を果たす小野田坂道!! 高まるインターハイへの思い! そしてインターハイメンバーを賭けた1年VS2年のバトルの火蓋が切って落とされる!!...
    立ち読み
    詳細を見る
  • 弱虫ペダル 7巻class=
    弱虫ペダル 7巻
    インターハイメンバーを賭けた、1000km合宿! 2年生・手嶋のブロックを崩すべく、捨て身のアタックをかける小野田坂道!! 友情、執念、プライド......。様々な想いの中、ゴールラインに飛び込んだのは......!?...
    立ち読み
    詳細を見る
  • 弱虫ペダル 8巻class=
    弱虫ペダル 8巻
    地獄の1000km合宿を終え、ついにインターハイのメンバーが正式決定!! 総北高校は最強の布陣を整え、一丸となりインターハイを目指す!!...
    立ち読み
    詳細を見る
▲ページTOPへ

登場人物紹介

小野田坂道

主人公。ママチャリで秋葉原までの往復90kmの道のりを毎週欠かさず通うアニメ好きの高校生。自分に可能性があるなら、と自転車競技部に入部。
今泉 俊輔

世界最速を目指し、日々ストイックに自転車で走り続ける。頭脳派なオールラウンダータイプ。中学時代は県内屈指のレーサーだった。
鳴子 章吉

自転車と友達を大切にする関西出身のレーサー。赤い髪がトレードマーク!!とにかく派手で目立つのが大好き。浪速のスピードマンの異名を持つ。
金城 真護

自転車競技部の部長。坊主頭に度入りのスポーツサングラスが特徴。どんな逆境でも決して勝負を諦めない精神力の持ち主。無口で厳しい一面もあるが、根は優しくて実直。
田所 迅

「暴走の肉弾頭」の異名を持ち、熊を思わせる巨漢で大食漢。豪快な性格だが意外と細やかに気を配ることもでき、1・2年の後輩に対する面倒見も良い。
巻島 裕介

長い手足を生かして自ら編み出した極端に車体を左右に傾けるという独特のダンシング走法を身につけている。その独特の走りから「頂上の蜘蛛男」の異名をもつ。


熱い魂のレースが駆け巡る「弱虫ペダル」
8巻までの見所をダイジェストで紹介!


総北高校自転車競走部伝統「ウェルカムレース」(3巻から)

一年生対抗ウェルカムレース開始

自転車競技部に入部した小野田を待っていたのは新入部員対抗のウェルカムレース。
全行程60kmに加えて、続行困難であれば強制リタイアされる「回収車」も出るという厳しい内容。
他部員がロードレーサーで走るなか、機材が揃わず小野田はまさかの「ママチャリ」...!!

ママチャリの限界 迫り来る回収車

小野田に驚異のペダリングがあろうと、ロードレーサーとママチャリでは性能の差は歴然だった。
今泉、鳴子はもちろん、並走していた他の新入生にも抜かれついに最下位に。
背後には、迫りくる「回収車」の影...。

絶望の底から 希望が

迫りくる回収車から逃げるように、走る小野田。
走りたい、まだ走れるという思いとは裏腹に、愛用の「ママチャリ」も、足に掛かる負荷で「肉体」も限界だった。
そして、ついに回収車に追いつかれてしまう。しかし、回収車から出てきたのは強制リタイアの言葉ではなく、小野田用の「ロードレーサー」だった。

ロードレーサーで希望をつなげ!

ママチャリと違いスピードを極限まで追求した自転車の頂点「ロードレーサー」
小野田にとっては、もう一度皆と一緒に走りたい、その希望をつなぐ道具「ロードレーサー」
皆に追いつくため、再スタートをきる!


はたして小野田は、追いつけるのか?
そして、ウェルカムレースの結果は!?


⇒3巻からチェックする!

▲ページTOPへ

上級生とインターハイメンバーを賭けた合宿(5巻から)

4日間で1000km走破の合宿

上級生の中で、参加を辞退したものもいるという過酷な合宿。
加えて、今泉、鳴子、小野田の3人には弱点を補強する「しかけ」が施されたロードレースを使用という特別メニュー。
それぞれが困難に直面しながら地獄の合宿がスタートする。

合宿3日目 まさかの最下位

小野田の中にインターハイ出場への熱意がこみ上げてきた矢先に、突きつけられる最下位という現実。
また今泉・鳴子も、2年の手嶋・青八木に大差をつけられ、インターハイ出場など夢のまた夢。
しかし、3人に立ち止まっている暇はない。壁を突破するには、ペダルをこぎ前に進むしか道はないのだ。

2年生との一騎打ち!

経験だけでなく、チームプレイでも勝る2年の手嶋と青八木。
彼らに翻弄されながらも、ついに追いついた小野田・今泉・鳴子の1年。
ここまできたら、もはや小細工不要!インターハイを決める限界突破の加速が始まる!

血肉を絞り 最後に勝つのは!?

5人全員が横並びの中、最後のゴールスプリント。
限界ギリギリまで肉体を追いつめ、速さを絞りだした5人。
勝者は?そしてインターハイへの切符は誰の手に!?


合宿後、インターハイのメンバーが決定!
そして、ついに舞台はインターハイへと進む!


⇒5巻からチェックする!

▲ページTOPへ

■■■初めてのインターハイ編■■■

▲ページTOPへ

■■■世代交代 新体制へ■■■

新生総北 デビュー!


▲ページTOPへ

■■■2度目のインターハイへ■■■

今年もアツい!新体制でも発揮される総北チームの力


こちらも要チェック!「弱虫ペダル」実写ドラマ特集

▲ページTOPへ

こちらのキャンペーンも注目!!